★家族でお米と夏野菜づくり体験★(2021年度)~食べ物の大切さに気付きながら、家族の絆を育む6ヶ月~

 

家族でお米と夏野菜づくり体験(丹波篠山)

~食べ物の大切さに気付きながら、家族の絆を育む6ヶ月~

 

子供に様々な土いじり体験を通して、

食べ物の大切さに気付いてもらいながら、

家族の絆を深めませんか?

 

【具体的にどんな人が向いていますか?】

 子供にお米・お野菜作りを通して、食べ物の大切に気付いてもらいたい方

 自然に触れる特別な体験で五感を使い、『豊かな感性』、『生きる力』を育んで欲しい方

 子供がお野菜を食べないなど、好き嫌いに困っている方

 子供にお米や野菜を育む過程を通して、責任感を身につけて欲しい方

 家族と一緒に行うお米作り・野菜作りを通して、家族の絆を深めたい方

 自分たちで育てた、安心・安全・採れたての作物を食べてみたい方

 ゆったりと流れる時間の中で、自然に触れてのんびりリフレッシュしたい方

 

今年度の受付は、終了いたしました。誠にありがとうございました。

 

そんなあなたに、はらだ農園では、家族でお米と夏野菜づくり体験をオススメしてきました。

 

申し遅れました、私、丹波ささやま はらだ農園の原田 憲一と申します。

 
 
////////////////////////////////////////////
 
◎プロフィール

大阪出身。東京の一部上場企業でシステムエンジニアを経験後、2006年兵庫県丹波篠山に移住。その後、専業農家の祖父の元で経験を積み、
 
現在は、『小学生までのお子様をお持ちで、食育に関心のあるお父さま・お母さまに、土いじりを通して、子供たちに食べ物の大切さに気付いてもらいながら、家族の絆を育む、「農業体験ナビゲーター」』として活動を行っております。
 
////////////////////////////////////////////
 
 

今は、兵庫県の丹波ささやまで暮らす僕ですが、元々は大阪の出身で、以前は、関東の一部上場企業でシステムエンジニアをしていました。

とてもやりがいのある仕事でしたが、時間に追われ、日々、終電帰りや休日出勤を繰り返す中、ストレスから持病のアトピーも悪化、家族との時間もなかなか取れない日々。

 
時々、「いったい何のために働いているんだろう?」と疑問に思うこともありました。
そんな時に頭に浮かぶのは、子供の頃から興味のあった農業や自然のあるの暮らし。

でも、一部上場企業に勤めていて、妻も子供もいて、
なかなか生き方を変えることはできず、グルグルと悩んでいました。

 

 

そんな時、自分の心から好きな事、得意な事で生きているたくさんの先生、先輩、友人たちとの出会いのお陰で、『自分も後悔の無いように生きていこう!』と思い、妻の理解もあって、会社を辞めて丹波ささやまへ移住することを決めました。

 

その後は、専業農家をしていた祖父の元で勉強しながら、自然のリズムで暮らす日々。

すると、家族との時間も取れるようになり、子供たちと一緒に田植えをしたり、旬の作物を収穫したり、日々、美味しく有難く、家族で一緒に食事を頂くようになりました。

 

そんな日が続くと、気づけば、酷かったアトピーも改善していき、妻からは「最近、性格が丸くなったね」と言われるまでに(笑)そして、今では四季を肌で感じるこの生活を楽しんでいます。

 

 

その後、数年間を振り返って、『なぜ僕がこういった経験したのか?』と考えた時に、

 

以前の僕のように、都会に住んでいて、仕事や家事・育児に忙しく、なかなかゆったりとした気持ちで、家族や自分自身と向き合う時間がなかったり、自分の田舎が無かったりする方に、

 

元々、都会の出身で、会社員だった僕だからこそ気付ける、『田舎でのさまざまな体験や土いじりの楽しさを通して、家族や自分と向き合う時間を提供するため』なんじゃないかと思ったんです。

 

そしてそこからは、『食べ物の大切さについて気付いてもらいながら、家族の絆を深めてもらう』そんな想いで、現在の活動を始めるようになりました。

 

その結果、たくさんの嬉しいご感想を頂くようになりました。

 

 

 

ぜひ、あなたもお子さまやご家族と一緒に、自然に触れる、様々な体験をしてみませんか?

 

 
 
 
それでは、以下に詳細をご説明させて頂きます。
 
 
次回は、2021年5月スタート予定です。
 
 
 
 
【概要とスケジュール】
 
(概要)
 
今回の体験では、丹波ささやまのはらだ農園に、月に1度、お米とお野菜のお世話に来ていただきます。お米は、コシヒカリ。夏野菜は、プチトマト、ナス、キュウリ、ピーマンを育てていきます。ご都合の良い日にだけご参加いただける単発コースやお得な年間コース、途中からのご参加もお受けしております。
 
 
(スケジュール)
 
【土曜日】 9:00〜11:00
 
※開催月により多少の時間変更はございます。
 
 
(5月:第1回)
 
・田植えをしてみよう
・夏野菜の植え付けをしてみよう
 
開催日:5月22日(土)、29日(土)のいずれか1日
 
 
 
(6月:第2回)
 
開催日:6月12日(土)、19日(土)のいずれか1日
・夏野菜のお世話(芽かき、支柱たて、水やりなど)をしてみよう
・田んぼの草取りをしてみよう
 
 
 
 
(7月:第3回)
 
・夏野菜のお世話とナス、きゅうりを収穫してみよう
田んぼや稲の観察・草取りをしてみよう
 
開催日:7月10日(土)、17日(土)のいずれか1日
 
 
 
(8月:第4回)
 
・夏野菜の収穫(トマト、なす、きゅうり、ピーマン)をしてみよう
・田んぼや稲の観察をしてみよう
 
開催日:8月7日(土)、21日(土)のいずれか1日
 
 
 
 
9月:第5回)
 
・稲刈り&天日干し体験をしてみよう
・夏野菜の収穫とお片づけをしよう
 
開催日:9月18日(土)、25日(土)のいずれか1日
 
 
 
 
(10月:第6回)
 
・稲の脱穀体験をしてみよう
・新米を食べてみよう
 
開催日:10月2日(土)、9日(土)のいずれか1日
 
 
 
 
 
 
【価格】

(単発申し込み)

1回あたり:大人(中学生以上):3500円、子供(小学生)2500円(税込み)※2才以下は無料

 

(半年申し込み:一括6回分)

1回あたり:大人(中学生以上):3000円、子供(小学生)2000円(税込み)※2才以下は無料

 

※1:体験代、ガイド代、苗、肥料代、体験保険代込み

※2:子供だけの体験申し込みは受付致しかねます。ご来園頂く方には料金が発生しますので、ご了承の上、お申し込みください。

※3:1組5名様までとなりますが、人数を追加したい場合は、ご相談ください。

※4:キャンセル料:体験当日の7~4日前20%、3日前30%、2日前40%、前日50%、当日100%のキャンセル料が発生いたします。 また、半年コースについてお客様都合の欠席での返金は行っていないため、ご了承願います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【注意事項】
 
・日常のお米やお野菜のお世話については、農園にて管理や対策は行っておりますが、自然災害や獣害により、収穫まで栽培できないケースもございます。その場合は、他の稲や夏野菜の苗にて代行させていただきます点をご了承下さい。
 
・栽培方法は、お米については、特別栽培(一般栽培の半分以下の農薬・肥料)の減農薬栽培、夏野菜については、無農薬栽培となります。
 
 
 

 
【ご感想】
 
 
「 貴重な経験ができました。子供にとってもお米の大切さ、作ることの大変さが理解、体験できました。ありがとう。」(兵庫県:釜親様)
 
         
 
子供達に(大人も)田植えを通して、食べ物がいかに大切かを感じてもらうために参加しました。不慣れで時間がかかったが、焦ることなく体験できました。カエルやおたまじゃくしを手に乗せたり、自然を感じられた。美味しいご飯を食べれてよかった。」(川西市:K様)
 
 
子供の教育のため、季節や農家の大変さ、お米がどこからくるのか。昔の農家が大変なのがよくわかった。1粒でも残さないようにしようと思えた。」(大阪府:古賀 みさ様)
 
 
お米が育っていくのが大変興味深かった。口に入るお米になるまでの過程を体感できて、ごはんを愛おしく感じるようになりました。」(大阪府:高橋様)
 
 
普段食べている食べ物がどのように育ち、収穫しているのかを感じられた。食べ物を大切にして食べようと思った。」(奈良県:N様)
 
 
「色んな経験が出来たこと。子供の心の成長につながった。」(大阪府:O様)
 
 
 
子供との田植えもすごく良い思い出になるだろう。」(守口市:荻野 様)
 
 
 
田んぼで)植えるのが楽しかった。お食事が美味しかった。白いごはん美味しかったです。ねこちゃんやおたまじゃくしとのふれあいが可愛いかった。」(兵庫県:北川 綺乃 様)
 
 
「はじめての体験でたのしかった。お米を作る大変さを知れた。」(大阪府:井上 哲弥様)
 
 
 
「(稲を)干すところまでしたのは初めてで、少し難しかったけど、最後までした達成感がありました。これからも続けてください。」(守口市:大久保 賢一 様)
    
 
「収穫体験という普段できないことが出来て、子供にとてもよかった。」(茨木市:G様)
 
 
「枝豆も新米もとてもおいしかったです。良い体験ができました。ありがとうございました。」(大阪府:あやか様)
 
 
自然の中、家族とゆっくりした時間を過ごすことができ、癒されました。来週からまた頑張れそうです。ありがとうございました。来年も来ます。」(大阪府:釜親様)
 
 
今日は娘ともどもお世話になりました。景色にいやされ、丁寧な説明をして頂いた後にみんなで収穫したり、田んぼの中でとれたての黒豆。湯がきたての一番美味しい味を経験できたことはほんとうに感謝です!すみずみまで優しいお心遣いをありがとうございました。また、いろいろなことに参加したいです。(大阪府:妹尾様)
 
 
 
 
 
【でも、お米やお野菜づくりって、大変そう、、】

 

はじめての方は、そう思われるかもしれません。

 

そこで、はらだ農園では、通常の貸し農園とは違い、基本、月に1度の訪問で大丈夫です。普段のお世話は農園で行なっているので、月に1度程度、お米やお野菜のお世話をしに来ていただければ大丈夫です。

 

もちろん、お米やお野菜の育て方も、丁寧に説明致しますので、はじめての方でも、安心してご参加頂けます。

 

 
【子供たちがちゃんと参加できるか心配、、】

 

3才ごろのお子様からご参加頂いておりますが、確かにはじめは参加していたけれども、すぐに飽きて、カエルや虫など他の生き物に夢中になることはよくあります。

 

ただ、最後まで参加できなくても、少しでも自分が関わった作物には、子供たちも愛着が湧くものです。

 

また、はだしや素手で土に触れたり、作物の成長が目に入るだけでも、子供の感性を育みます。

 

そのため、きちんと最後まで体験する事だけにこだわり過ぎず、自然にふれる中で、さまざまな学びや気づきの機会を見守っていただければと思います。

 

 
【この体験から何が得られますか?】

 

 子供たちが日常的に食べている作物を、苗から、口にするまでを体感することで、食べ物の大切さを実感できます。

 自然の中で土や作物に触れる経験は、五感を刺激し、『豊かな感性』、『生きる力』を育みます。

 子供がお米やお野菜に関心を持ち、好き嫌いを減らすきっかけに繋がります。

 自分たちのお米やお野菜を育てる事で、成長や収穫が楽しみになり、『しっかり育てたい』という気持ちから責任感を育みます。

 家族で定期的に行う土いじり体験は、会話のきっかけが増え、家族の絆もグッと深まります。

 ご自身が関わったお米やお野菜の味は格別で、友達に自慢したくなるような、お米や野菜が食べられます。

 お仕事・家事・育児に忙しい中で、自然に触れる時間は、気持ちを癒し・リフレッシュにも繋がり、また頑張る元気が湧いてきます。

 

 

【Q&A】

 
 
 
Q1.開催日が雨の場合どうなりますか?
 
A1.小雨程度の雨であれば、開催いたします。ただし、警報レベルの強雨や台風などが予測される場合は、延期または、中止のご連絡を前日の18時までに行います。一括申し込みで中止の場合は、その回分の返金を行います。
 
 
Q2.開催日に予定ができた場合どうなりますか?
 
A2.別開催の日程に空きがあった場合は振り替えも可能ですので、ご相談ください。ただし、一括申し込みで振り替えでも対応できない場合は、欠席扱いとなります。その場合は、返金は行っておりません。
 
 
Q3.子供のみの参加は可能ですか?
 
A3.あいにく子供のみの参加は受け付けておりません。お越し頂く皆さまに料金が発生いたします。
 
 
Q4.参加者を途中で追加したい場合はどうすれば良いですか?
 
A4.ご参加いただける方は、単発の参加料金にてご参加可能ですので、ご相談ください。
 
 
Q5.どの程度お米やお野菜が収穫できますか?
 
A5.お野菜は、お越し頂いたタイミングにて、それぞれのお野菜の2株に実っているものを収穫いただきます。また、お米は、第5または6回にご参加の方で、回数によって、すべての回〜5回ご参加いただけた場合、3キロ/人。3回〜4回は1キロ/人。1〜2回は2合/人をお渡します。別途、送料はかかりますが、宅配も可能です。
また、収穫を楽しみにしつつも、『お米やお野菜が育つ過程を通して、食べ物の大切さに気づいて頂く』といった点も大切にして頂ければと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
はらだ農園はこのコースを通して、
 

 

子供たちにさまざまな体験を通して、「豊かな感性」、「生きる力」を育み、食べ物の大切さに気付いてもらいながら、家族の絆を深めてもらう

 

 
そんな時間を提供したいと考えています。
 
 
 
ご家族はもちろん、お孫さんやお友達と一緒に、農業に興味がある方など、どなたでもご参加いただけますので、
 
『一生ものの経験となるお米と夏野菜づくり』
 
を一緒に楽しみましょう!!
 
 
 
 
【ご参加方法】
こちらからお願いします。
 
※はらだ農園の利用規約に同意の上お申込みください。
 
 
 
 
~自然とツナガル、家族とツナガル、わたしとツナガル~
 
丹波ささやま はらだ農園